【敏感肌の基礎化粧品】あなたは間違ったものを選んでいませんか?

そもそも敏感肌とは何なのか?

敏感肌の人が自分に合った基礎化粧品を選ぶには、まず敏感肌の特徴をしっかりと抑えておくことが前提として必要です。その対策法を理解した上でないと自分に最も合った基礎化粧品を選ぶことはできないからです。敏感肌の多くは、乾燥肌が原因になっているため乾燥性敏感肌などと言われることも多いです。敏感肌という単語をよく聞く機会があると言っても、実際には正確に敏感肌とは何なのか、ということは明示されていないのが事実です。そのため確実な調べる方法はありませんが、他の人であれば肌への影響がほとんどないという化粧品なのに、自分につけたとたんピリピリと肌に痛みが走ったり、かぶれや肌荒れが起きてしまうという場合には敏感肌である可能性が高いです。更に、遺伝によりアトピーになっている人も敏感肌です。この場合も同じく、肌に少しの刺激を与えただけで過敏に反応してしまうという現象が起きてしまいます。乾燥性敏感肌の話に戻りますが、肌表面が乾燥しているだけでなく表皮の保湿部分である角質層が乾燥してしまっているため肌の保水力が低下し、ターンオーバーが異常化していることでバリア機能が弱くなってしまいます。そうすることで紫外線などといった外の刺激が肌の中まで入り込んでいってしまい、肌が過敏に拒絶反応を起こしたりしてしまうのが、敏感肌になってしまう流れです。では、こういった肌質になってしまった場合はどのような化粧品選びをすれば良いのでしょうか?

敏感肌改善のための有効成分とは

敏感肌の原因には乾燥が挙げられると前述しましたが、肌が乾燥してしまい敏感な肌質になってしまうにはそれなりの理由があるということについても、少し触れました。ここでは、それについての詳細をお話していこうと思います。肌は表皮と真皮、それから皮下組織で構成されていますが、表皮部分の中で手で触れられるところの一層奥に、角質の層が存在します。ここが肌内部に水分を保っておくための重要な層であり、ここが機能していないと水分を与えてもそれを留めておく力が無いので、根本的に肌質を改善するためにはこの機能を取り戻すことがまず必要です。この機能が低下してしまうのには、セラミドと呼ばれるもともと体が持つ成分が減少して配列が乱れてしまっているのに原因があります。正常であれば一列ぴったりに整っているものが乱れてしまっているので、そこにしっかり適合するようにセラミドを供給します。そうすることで肌表面に当たる外部刺激から肌を守り、水分がどんどん蒸発してしまうことを防ぐことができます。食べ物などで体の中に採り入れることも出来ますが、量が少ないので単純に時間がかかってしまいます。そうなると一番素早い方法がセラミドの配合された化粧品を使うことですが、セラミドという言葉がそこまで一般的でないのにはそれなりに理由があり、その性質上化粧水などに溶けさせて配合させるのが難しいという点が挙げられます。それが市販の化粧水になかなか配合されていない理由なのです。

有効成分を含んでいる効果的な化粧品について

前述の通り、敏感肌における有効成分はセラミドが代表的ですが、なかなかそれを含んだ化粧品が世の中に出回っていないことは事実です。ただし、その特性を正しく理解しており高い技術力を持っているところであれば配合することも可能です。その中でも代表的なのがアヤナスという製品で、これはオルビスやポーラという誰もが聞いたことのある大企業のグループ子会社であり特許も取得しているブランドです。アトピーを含む敏感肌に関する研究を共同で行っていたポーラと製薬会社による独自理論から作られているので論理に基づき開発されたというバックグラウンドがあり、敏感肌に非常に有効と言える製品になっています。もともと誰しもが持つセラミドと同じ構造のセラミドナノスフィアという、保湿成分を含んでおり肌の間をかいくぐって角質層に浸透するようにナノサイズまで分解された成分を配合しています。セラミドは、無くなっていくというよりは一直線に並んだ配列が乱れてしまうというのが正しい表現で、その乱れた配列にぴったりとくっつき正常化する役割を担ってくれるのが、そのセラミドナノスフィアというものです。これにより角質層が本来持つ保水機能を高めることができるのと同時に、肌表面を外部刺激から守りつつせっかく持っていた水分が蒸発してしまうことを防ぐことができるようになります。つまり、乾燥肌の根本原因に直接アプローチできるので、非常に有効と言えるでしょう。

参考サイト